HOME > 稽古内容

稽古内容のご紹介

基本的な稽古は次のような内容です。なお、稽古では一部を抜粋して行うことがあります。

準備運動と柔軟

稽古前の柔軟はとても大切です。ウォーミングアップやけがの予防を目的として行います。

基本稽古

空手の突き、蹴り、受けの動作を正確に覚えるための基本的な稽古です。空手の技はこの基本を応用しています。

移動稽古

空手の基本的な動き、重心移動を学ぶ稽古になります。

ミット打ち

相手が持つミットに向かって突きや蹴りなどの打撃をコンビネーションも含め練習します。

組手

主に2人で行う練習です。実際に突きや蹴りをお互いの身体に当て、攻め方や守り方を学びます。また自らが痛みを体感してこそ、他人の痛みが理解できます。相手を思いやる心、自分に負けない心、相手に向かっていく勇気を養う稽古になります。

型は技の組み合わせとその応用で、実戦を想定したものです。重心の移動、足さばき、体さばき、力の強弱、技の緩急、息の調整、正しい立ち方、握り方、技の正確さ、気迫、気合等を習得するため稽古を行います。 

 

inserted by FC2 system